HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ がん相談支援センター

がん相談支援センター

がん相談支援センターとは

がん相談支援センターは患者さんからの一つ一つの相談に対し、実際に個別に対応する場であり、がん診療連携拠点病院等における重要な機能の一つです。当院は青森県より県民が身近な環境で質の高いがん医療が受けられる診療連携体制を構築するため、国が指定する「がん診療連携拠点病院」に準じる診療機能を有する病院として「青森県がん診療連携推進病院」の指定を受けており、がん相談支援センターが設置(地域医療連携室・医療福祉相談室と併設)されています。

がん相談支援センターでは、がんに関わる相談だけでなく、「がんの治療と仕事の両立」の相談や支援を行う専用窓口も設置しており、勤務先に産業医が所属している場合には、当院の主治医と専任の社会福祉士、看護師が産業医と連携をとりつつ、就労を含む療養環境の調整等に係る相談や治療計画の見直しや再検討を行っております。

下記のようなことでお困りの場合にはご相談ください。

  • ・ 医療費(入院・通院費用など)に関する事
  • ・ がん治療に伴う(がん情報に関する事、セカンドオピニオンなど)悩みがある時
  • ・ がんの緩和ケアや療養上に相談に関する事
  • ・ がんの治療と仕事の両立に関する事
  • ・ 上記以外(仕事や今後の生活など)の悩みがある時
がん相談支援センター
がん相談支援センターの利用方法
利用日 月~金(祝祭日を除く)
場  所 1階 地域医療連携室(正面玄関右側)
時  間 8:15~17:00
相談方法 面談・電話
対  象 患者さん、ご家族、地域の皆様(通院・入院の有無に関わらず)などどなたでもご利用頂けます。

このページの先頭へ