HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 医療福祉相談室 ≫ 介護保険サービスを利用しよう

介護保険サービスを利用しよう

介護保険で受けられる主なサービス
在宅サービス

家庭の訪問だけでなく、施設への通所、短期入所、費用の支援等があります。

家庭を訪問してもらうサービス
訪問介護(ホームヘルプ) ホームヘルパーが日常生活の介護や、家事の援助をしてくれます。
訪問入浴介護 巡回入浴車が訪問し、家庭で入浴。
訪問看護 医師の指示に基づいて、看護婦や、保健婦が療養の世話や、診療の補助等を行います。
訪問リハビリテーション 医師の指示に基づいて、リハビリの専門家が指導を行います。
居宅療養管理指導 医師、歯科医師、薬剤師、などが訪問して療養上の指導や、管理を行います。
施設などを利用するサービス
通所介護(デイサービス) デイサービスセンターなどへ、送迎してもらい、日常生活訓練、入浴、リハビリ等行います。
通所リハビリ(デイケア) 老健施設や、病院等で、食事や入浴、リハビリ等を日帰りで受けられます。
短期入所生活介護 特別養護老人ホームなどへ短期入所し、日常生活の介護等が受けられます。
短期入所療養介護 老人保健施設や、療養型病床群等へ短期入所し、医学的管理のもとに、日常生活の介護や、看護、機能訓練が受けられます。
痴呆対応型共同生活介護 痴呆のための介護を必要とする人が、5~9人前後で共同生活を送りながら、日常生活の介護や、機能訓練が受けられます。
特定施設入所者生活介護 有料老人ホーム、ケアハウスに入所して行われる介護や機能訓練も、在宅サービスとして給付を受けられます。
その他、費用についての支援等
福祉用具の貸与 特殊ベット、車イス、リフト、歩行支援具等、自立を支援するための用具がレンタルできます。
福祉用具の購入費の支給 レンタルになじまない、ポータブルトイレ等、入浴、排泄に使用する用具の購入費が年間10万円を限度に支給されます。
住宅改修費の支給 手すりの取り付け、段差解消など、小規模な改修にかかった費用が、20万円を限度に支給されます。
ケアプラン作成 本人や家族と相談しながら、ケアプランの作成や、介護サービス機関などとの連絡調整を無料でしてもらえます。

このページの先頭へ

施設サービス

施設サービスは3種類あり、それぞれ施設に入所してサービスを受けます。

介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
常時介護が必要で、自宅での生活が困難な人が、介護、機能訓練、療養上の世話をうけるための施設です。
介護老人保健施設
(老人保健施設)
病状が安定した人が、積極的治療よりも看護や介護、リハビリを中心とした医療ケアとサービスをうけるための施設です。
介護療養型医療施設
(療養型病床群等)
急性期間の治療を終え、長期間にわたり療養が必要な人がサービスを受けるための医療機関の施設です。

このページの先頭へ

ご利用の申し込み

介護が必要となったとき、サービスを受けるためには、市町村の福祉課、介護保険課などで、要介護認定の申請が必要です。また、これらのサービスを利用される場合は、サービスを実施している施設や、指定居宅介護支援事業者で手続きや、ケアプランの作成等を代行してもらうこともできます。

被保険者の区分 介護サーピス 保険料
65歳以上の方
(第1号被保険者)
原因を問わず、介護や、日常生活に支援が必要と認められた場合。 老齢、退職年金からの天引きなどにより、市町村に納めます。(保険料の額は、住んでいる市町村や、所得により異なります。)
40歳から64歳までの方
(第2号被保険者)
初老期痴呆や、脳卒中など、老化に伴う病気(特定疾病として定められている)が原因で、介護や日常生活に支援が必要と認められた場合。 現在払っている医療保険料に上乗せさせられます。(保険料の額は、加入している医療保険によって異なります。)
サービスを受けるまでの流れ
 
市町村へ申請 要介護認定 ケアプランの作成 介護サービス利用
(利用者負担は1割です)

詳細は、現在お住まいの市区町村の担当窓口までお問いあわせください。

このページの先頭へ