HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 勤労者医療 ≫ 治療就労両立支援部 ≫ 広報誌「えんかうんたー」

広報誌「えんかうんたー」 第99号 2020.9月

勤労者予防医療部からのお便り「えんかうんたー」
栗についてのお話

栗がたわわになって栗ひろいの時期を迎えました。ということで今回は栗のお話です。

クリ(栗)は、ブナ科(Fagales)クリ亜科(Castaneoideae)クリ属(Castanea)の木の総称です。落葉樹。種子を食用にします。北半球の温暖で湿潤な地域に広く分布しています。英語では栗の実はChestnut(チェスナット)栗の木はChestnut tree(チェスナット ツリー)。フランス語ではマロン。

栗の呼び名の由来は諸説あります。1)落ちた実が石のようなので、小石を意味する古語「くり」から。2)栗の果皮が黒いところから梵語の黒という意味という説(梵語とは関係なくただ黒が転じたとする説も)。3)黒実(クロミ)が縮約されたという説。4)朝鮮語の「クル」(kul)から。

栗の歴史はとても古く、縄文時代の遺跡である「三内丸山遺跡(青森県:約5000年前)」からも数多くの栗が出土しています。だからこのころから主食の一つだったのですね。平安時代の初期には京都の丹波地域で栽培され始め、徐々に地域が拡大していきました。書物では古事記(712年)や日本書紀(720年)にも登場し、平安時代の法典「延喜式(えんぎしき:927年)」には、乾燥させて皮をむいた「搗栗子(かちぐり)」や、蒸して粉にした「平栗子(ひらぐり)」なども記されています。丹波では現在でも栗の栽培が行われていて「丹波栗」はブランド品として有名です。

おいしい栗の見分け方。果皮に張りと光沢があってずっしりと重みがあるもの。古いクリは水分が減っているので重みがなく、味も風味も落ちています。当然ですが、傷が付いていたり黒っぽく変色していたり、穴があいているものは避けましょう。まとめると栗の皮が、①張りと光沢があり、②傷ついてなく、③実が重いこの3つがポイントです。ちなみに栗の実(毬果:きゅうか)はイガで覆われ、食べられる果実部分は「鬼皮」というかたい果皮と「渋皮」という種皮に覆われています。果実は種子が発達したものなので栗は「ナッツ」の一種です。

【参考】ウィキペディアより

このページの先頭へ

看護士のワンポイントアドバイス

常にマスクをする生活が続き息苦しい、呼吸するのがつらいと感じている方もいるでしょう。普段なんとなくしている呼吸にはいくつか種類があります。息を吸う際にお腹を膨らませ、吐く際にお腹をへこませる「腹式呼吸法」、肋骨を広げるようなイメージで息を吸い、肩を落とすイメージで息を吐く「胸式呼吸法」が代表的なものになります。

仕事モードで集中しているときなどは、とくに呼吸が浅くなりがちです。

毎日、何気なくしている呼吸。実は、呼吸を意識するだけで、たくさんのメリットがあることをご存知ですか?

深い呼吸によって酸素をたくさん取り込むと、エネルギー消費量が増えて代謝がアップします。

呼吸することで血流やリンパを押し流す効果もあるため、むくみ解消にも効果的。

現代女性がとくに注目すべきなのは、呼吸によるリラックス効果です。ストレスが多いと自律神経のバランスが乱れ、様々な不調をきたします。便秘・不眠・冷え・肩こり・頭痛などの不調は、自律神経の乱れが原因になっていることが多いのです。まずは、夜寝る前に腹式呼吸を何回かすることを習慣化しましょう。そして好きな時に呼吸に意識してみてください。

青森労災病院 治療就労両立支援部の活動
出張講習会
  • 保健指導講習会[医師・看護師]
  • 栄養指導講習会[管理栄養士]
  • 運動指導講習会[理学療法士](運動指導講習会は実技中心に行います。)
各種お問い合わせ 青森労災病院 治療就労両立支援部
TEL:0178-33-1551(内線2297)
受付:午前8時15分~午後5時(土・日・祝日を除く)

このページの先頭へ