HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 勤労者医療 ≫ 治療就労両立支援部 ≫ 広報誌「えんかうんたー」

広報誌「えんかうんたー」 第96号 2020.3月

勤労者予防医療部からのお便り「えんかうんたー」
「上巳の節句」のお話

「上巳〔じょうし〕」は3月3日にあたり、桃が咲く時期と重なることから「桃の節句」とも言われ、桃などの自然の生命力をもらうなどして厄災を祓います。 また最近では、女の子の誕生と成長を祝う「雛祭り」として一般に浸透しています。

元々3月3日は、年齢・性別関係なく、草や藁〔わら〕で作った人形〔ひとがた〕の体を撫で穢れ〔けがれ〕を移し、健康を祈って災厄を祓うことを目的とした農村儀礼が行われていました。また、平安貴族の10歳くらいまでの子女は、人形〔ひとがた〕を貴族の日常生活を真似たごっこ遊びをする目的に用いていたようです(この遊びが後にひな祭りになりました)。

現在も地方によっては、穢れを紙の人形に移しそれを川に流す「流し雛」の風習が受け継がれています。平安時代頃から、3月の初めに海や山へ出て一日を過ごし身の穢れを洗い流す農村儀礼がありました。田植えの始まりにあたるこの時、田の神を迎える為に、紙で作った人形で体を撫でて穢れを落とした後、海や川に流していたようです。また、桃が邪気を祓い長寿を保つと言う中国思想の影響を受けて、桃の花の入った桃酒を飲むようになったようです。江戸時代に入ると、紙の雛人形を流す行事は川が汚れるという理由から流すことが難しくなってきました。その頃から、現在の雛壇を飾る「雛祭り」へと行事の内容が移行したのではないかと言われています。

奈良県五條市南阿田町には、現在も「流し雛」の行事が残っています。まず体を千代紙で折り、大豆を頭に乗せた雛を、家族の女の数だけ作ります。それを、男女一対にし雛壇の下に飾ります。4月3日(旧暦3月3日)の雛納めの日にそれらを竹の皮の舟に乗せ吉野川に流すようです。また、鳥取県鳥取市用瀬町〔もちがせちょう〕でも、同じような行事が受け継がれています。

【参考】ウィキペディアより

このページの先頭へ

看護士のワンポイントアドバイス
労わろう~、肝臓!!

暖冬の影響でしょうか、スギ花粉の飛来による注意喚起が聞かれるようになりました。

年度末に向けて、忙しくて休めずに疲労感がたまってきていませんか。休んだのに、体が怠い、重い、疲れやすいなどの症状が続くとき肝臓が疲れているからかもしれません。お酒を飲んでいないのにと思われる方、1日中何か食べていませんか。食べたり、飲んだりしていると、肝臓は休まず働いているのです。夜起きていると、肝臓が休めないので疲労回復できなくなります。

健康診断で「脂肪肝の疑いあり」と言われたことがありますか。腹部エコー検査で指摘されたとか、肝機能値が高くなってきているので注意してとか言われたけど『肝臓の数値がまだ異常値じゃないから大丈夫』なんて思っていませんか。『脂肪肝』とは肝臓の細胞の30%以上に中性脂肪がたまった状態のことを言います。自覚症状がないことがほとんどですが、怠い、体が重いなどの症状があることもあります。主な原因は生活習慣です。食べすぎ、飲みすぎ、体を動かさないことです。男性は30歳代からよく見られます。女性では飲酒量の多い30歳代、閉経後の60歳代が要注意です。肝臓は『沈黙の臓器』と言われます。肝臓はよく働く臓器なので少々のダメージを補えてしまうのです。

健康診断で見つかる脂肪肝は『食事や生活習慣を見直す必要がありますよ』という肝臓からのサインだと受け止めて、生活習慣を見直しましょう。

生活習慣を改めずにいると、やがて肝臓の機能が低下して肝硬変、肝臓がんに進行します。肝硬変になってから生活習慣を改めても健康な肝臓に戻ることは困難です。なので脂肪肝のところで進行を食い止め、健康な肝臓を取り戻せるように生活習慣を見直しましょう。

【脂肪肝をSTOP!!するために】
  1. 体重チェック:目標はBMI25未満。
    BMI=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m) 毎日のチェックが大切!!
  2. お酒は適量を守る。:脂肪肝の原因が飲酒とはっきりしているなら、お酒の量を減らしましょう。1日の適量日本酒なら1合を守る、休肝日を設ける、など考えてみましょう。
  3. 栄養バランスの良い食事:特にBMI25以上で体重が減らない人は、食べる量を1~2割減らしてみましょう。お代わりをやめる。茶碗を小さくする。よく噛んで時間をかける。揚げ物の回数を減らす。間食をやめる。できることからはじめましょう。
青森労災病院 治療就労両立支援部の活動
出張講習会
  • 保健指導講習会[医師・看護師]
  • 栄養指導講習会[管理栄養士]
  • 運動指導講習会[理学療法士](運動指導講習会は実技中心に行います。)
各種お問い合わせ 青森労災病院 治療就労両立支援部
TEL:0178-33-1551(内線2297)
受付:午前8時15分~午後5時(土・日・祝日を除く)

このページの先頭へ