HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 看護部 ≫ 継続教育

継続教育

看護部教育理念

変化する保健・医療・福祉のニーズに対応できる主体的で自律した看護職の育成を目指します
自律した創造性豊かな看護師を育成する

看護部教育目標

1.看護者の倫理綱領に基づき専門職として実践できる看護職の育成
2.柔軟で創造的な看護が実践できる看護職の育成
3.チーム医療に貢献できる看護職の育成
4.組織に貢献できる看護職の育成
5.成長し続けられる自律した看護職の育成

キャリアラダー

病院理念・看護部理念・教育理念から求められる能力は、「看護の核となる実践能力」「組織的役割遂行能力」「自己教育・研究能力」の3つの領域構造となっている。「看護の核となる実践能力」を看護師が論理的な思考と正確な看護技術を基盤に、ケアの受け手のニーズに応じた看護を臨地で実践する能力とし、「ニーズをとらえる力」「ケアする力」「協働する力」「意思決定を支える力」の4つの力と当機構の使命である「勤労者看護」で構成されている。さらに、キャリアラダーのステップは、レベルⅠ・レベルⅡ・レベルⅢ・レベルⅣ・レベルⅤの5段階で構成している。
キャリアラダー(PDF)

キャリア開発支援

個人目標と教育の関連図

個人目標と教育の関連図

このページの先頭へ

院内研修プログラム

このページの先頭へ

院内認定制度

静脈注射や緩和ケアリンクナース、退院支援リンクナースの院内育成コースを設けています。

ナーシングスキル日本版

当院ではナーシング・スキル日本版を導入しています。自己学習できる機会を提供し、看護師のスキル向上やキャリア開発に役立てています。

このページの先頭へ

新人看護職員教育
チームで支える新人教育

新人看護職員教育

このページの先頭へ

新人看護師研修の様子

  • 看護技術演習

  • 輸液ポンプの取扱い

  • 移動動作技術演習

  • 救急カート確認

  • 静脈注射トレーニング

  • 感染対策研修
新人看護師の一年

新人看護師の一年

平成30年度キャリアラダーレベルⅠ年間教育計画(PDF)

このページの先頭へ

メッセージ
2年目になりました!
東北労災看護専門学校卒業

入職して1年が経ちました。環境にも慣れ、患者さんと向き合いながら充実した日々を送ることができています。この一年間、プリセプター・サポーターをはじめとするスタッフ全員が熱心に指導してくださり、また仕事をしやすいような環境を整えてくれたおかげで、自信をもって行える看護技術が増え、やりがいを感じています。2年目となりましたが、また気持ちを引き締めて頑張っていこうと思います。


千葉学園高等学校看護専攻科卒業

病棟に配属された当初は、とても緊張の毎日でした。疾患について勉強したり、1日の業務を振り返りしたり、覚える事が沢山あり大変な時期もありました。しかし、プリセプターにも相談しやすく、先輩たちもよく声をかけてくださり、乗り越えることができました。職場の雰囲気はとても良いと感じます。自分で出来ることも徐々に増えていくことで仕事に楽しさを感じることができています。これから大変なことも多々あると思いますが、頑張っていきたいと思います。是非、青森労災病院で一緒に働きましょう。


東京医科大学霞ケ浦看護専門学校卒業

就職し2年目となりました。患者さんや家族の方々からの「ありがとう」という言葉が日々の励みになっています。初めは不安な気持ちでいっぱいでしたが、プリセプターや先輩看護師の方々がいつも気にかけてくださり、相談しやすい環境で知識や技術を身につけることができました。まだまだ未熟な私ですが、患者さんに信頼される看護師になれるよう、これからも笑顔を絶やさず日々努力していきます。

派遣交流制度を活用しました

派遣交流制度を活用して3年間千葉労災病院に勤務し、任期を終えて転任となりました。年齢に関係なくキャリアアップの支援を受けることができます。環境が変わると慣れないことも多く、煩雑な業務の中で大変なこともありますが、病棟スタッフと協力しながら頑張っています。

プリセプターを頑張っています!
東北労災看護専門学校卒業

看護師3年目になりました。一通り自立して看護を提供できるようになり自分の成長を実感し、やりがいを感じています。今年、プリセプターになりました。最初はプリセプターの役割が果たせるのか不安でしたが、先輩方に助けられながら頑張っています。プリセプティーが成長していくのを感じたり、頑張っている姿をみると自分も嬉しい気持ちになります。不安や緊張でいっぱいだった新人の頃を思い出し、プリセプティーの心の支えとなれる存在になりたいと思います。


東北労災看護専門学校卒業

青森労災病院に就職して3年目の月日が経ちました。教えられる立場から教える立場へと変わり、教えることの難しさを痛感する日々です。どう説明すれば、理解・納得ができるのかを考えるにあたり自分の技術や身の振り方を見直す機会にもなっており、今後も精進していきたいと思います。入院したことのある患者や家族に、外来で声をかけて頂くことが増え、良い関係を少なからず築けているのかなと感じています。そうして関係を築くことは私にとってのやりがいの一つだと思います。

転任してきました
横浜労災病院より転任

看護学校卒業後、最新の高度な医療を学びたいと思い横浜労災病院に入職しました。入職してからの3年間は、ERで働き看護の難しさや、様々な疾患や処置について学ぶことができました。しかし、地元へ帰りたいという思いが強く青森労災病院に転任しました。転任当初は、、新たな環境に慣れることができるか、一般病棟で勤務できるか不安でしたが、やさしく丁寧に指導してくださる先輩方がいて安心して働けています。横浜で学んだことを活かして、良い看護を提供できるように頑張っていきたいと思います。

認定看護師・専従看護師
感染管理認定看護師
渡辺 季代子
私は、2011年に資格を取得し、院内感染管理を担当しています。病院内での感染症発生時の早期対応に備え、医師・臨床検査技師・薬剤師・事務職等、職種の垣根を越えた院内感染対策チームの一員として、病院内外の感染発生状況の監視、職員への感染予防教育、感染対策に関する相談に応じています。また患者さんをはじめ病院を訪れるすべての人を感染から守り、職員も感染しない環境づくり、安全な医療と安心できる看護提供をめざして日々活動しています。
がん化学療法看護
認定看護師

小清水 浩子
がん化学療法看護認定看護師として外来に所属し、主に外来化学療法室で抗がん薬の安全な投与管理、症状マネジメント、患者や家族の相談指導、学生指導を行っています。緩和ケアチームとも連携し活動している他、院内で年4回、「がんサロン」を開催しています。また看護師や薬剤師、地域の看護師からのコンサルテーションを行い化学療法看護の質の向上に努めています。さらに外来師長補佐として管理の役割も担いキャリアアップを図りました。青森労災病院看護部としてがん患者さんが、自分らしい人生を送ることができるように、地域と連携してサポートする体制をマネジメントしていきたいと思います。
緩和ケア認定看護師
宮野 紀子
緩和ケアは、病気に伴って起こる様々なつらさ(体のつらさ、心のつらさ、生活のつらさなど)をやわらげるためのケアで、診断された時からその人らしい生活を支えることを目標としています。診断時から患者さんやご家族は様々な思いやつらさを経験します。療養の中で、つらさを少しでも軽減し、その方の希望される生活を支えられるよう一緒に考えていきたいと思っています。週1回緩和ケアチームのラウンドや緩和ケア外来を通じて、適時、患者さんの相談に応じています。
退院調整看護師
中村 恵美子
退院される患者様には医療処置や看護の必要な方、介護が必要な方がいらっしゃいます。患者さん、家族の希望や主治医の意向を踏まえて、療養先、地域・社会資源の活用を患者さん、家族と一緒に考え各機関と連携をとるのが退院調整看護師の仕事です。患者さんが不安なく退院後の生活を迎えられるよう、医師、病棟や外来看護師、入院支援看護師、リハビリ部門、薬剤師などと連携します。院外ではケアマネージャーや医療機関などと連携し住み慣れた地域で療養できるよう環境を整える支援をしていきます。思いに寄り添った支援が出来るよう頑張ります。

このページの先頭へ