HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 中央放射線部 ≫ 一般撮影室

一般撮影室

一般撮影装置概観エックス線撮影は、エックス線が人体を透過する量の差を白黒の色の違いとしてフィルムに描出する検査です。
 一般撮影は短時間に撮影ができるので、レントゲン検査では第一選択肢とされることが多く、胸部撮影(肺野、縦隔などの診断)、腹部撮影(腹部臓器、ガス像などの診断)、関節、骨の撮影(関節の状態、骨折などの診断)に用いられます。

当院ではCR(デジタルX線撮影システム)を導入しています。
 CRは、X線の透過像を直接フィルムに写すのではなく、IP(イメージプレート)という媒体に一時記録してコンピュータにて処理を行なった後フィルムを作成しています。そのため診断に適したより詳しい画像情報を提供することが可能となりました。

  • 全脊椎
    全脊椎
  • 下肢全長
    下肢全長

このページの先頭へ