HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 診療科のご案内 ≫ 放射線科 ≫ 大腸CT検査のご案内

最新の大腸がん検査 大腸CT検査のご案内

①CTで大腸を撮影します。
◇仮想内視鏡・バーチャル内視鏡とも言われており、CT画像から3次元画像を作成して、内視鏡カメラで大腸の中を覗いた様に見ることができます。
◇人間ドックや健康診断の便鮮血検査等で要精査の結果のあった方は保険適用となります。
②大腸の中に内視鏡カメラを入れません。
③下剤の量は、コップ1杯程度の少量で検査できます。
④検査は日帰りで、CTの撮影時間は10~20分程度です。
◇検査前に一度受診頂き、検査の説明・問診・検査日の決定を行い、後日検査を行います。
◇検査前日に検査専用の食事を摂って頂く必要があります。
  • MRCP MR膵胆管撮影
    大腸の全体像
  • MRCP MR膵胆管撮影
    正常な大腸の中の様子
  • MRCP MR膵胆管撮影
    ①3mmのポリープ
    ②7mmのポリープ
  • MRCP MR膵胆管撮影
    ③大腸がん
  • MRCP MR膵胆管撮影
  • MRCP MR膵胆管撮影
    ④5mmのポリープ
  • MRCP MR膵胆管撮影
    ⑤大腸がん
  • MRCP MR膵胆管撮影

検査費用は、健康診断や人間ドックの便鮮血検査で要精査の結果のあった方や症状の確認できる方は保険適用の3割負担で8千円程度。症状のない方は、自費で2万5千円程度となります。

お問い合わせ・ご予約は
青森労災病院 放射線科外来 0178-33-8078(直通)

このページの先頭へ