HOME ≫ 当院のご紹介 ≫ 病院理念

病院理念

青森労災病院理念 『やさしく、あたたかい病院』
青森労災病院における「患者の権利と責任」
  1. 患者さんには、人格を尊重した、思いやりのある優しい医療を受ける権利があります。
  2. 患者さんには、わかりやすい言葉で、自分の診断、治療、予後について、十分な説明を受ける権利があります。その上で、自分の治療方針について最終決定を下す権利を持っています。
  3. 患者さんには、自分の診断、受ける医療に関してプライバシーを守られる権利があります。
  4. 患者さんには、他の医師の判断や意見(セカンドオピニオン)を参考にする権利があります。
  5. 患者さんには、最適な医療を受けるために、医療スタッフと協力して診療に参加する責任があります。
患者・医療者パートナーシップの強化について

私たちの病院は、 「やさしく、あたたかい病院」という理念を掲げています。その実現のために、私たちは、「患者さんの権利を尊重し、患者さん中心の医療を行います」、「医療の質の向上をめざします」、「勤労者医療・地域医療等における社会的責任を果します」という三つの診療綱領を掲げています。

しかし、医療はもともと患者・医療者の協同作業ですので、私たちは、患者さんにも可能な限り医療に参加して頂き、これによって、私たちの提供する医療の信頼度をさらに高めたいと思ってます。患者さん参加型医療を実現するため、私たちの病院は、次のような活動方針を定めていますので、どうぞご協力下さい。

  1. 病気に関する情報を、患者さん自身が取得できるよう、支援します
    • 患者さん向け健康講座・病気講座を開催します。
    • 患者さん向けの医学図書を用意しています。
    • 患者さん自身によるインターネット病気検索を支援しています。
  2. 病気に関してわかりやすい説明を受けることができるよう、支援します
    • はじめに診療を行う場合、患者さんに診療方針をわかりやすく説明し、同意を頂いてから診療を開始しております。その際、質問や気がかりなことがあれば、ご遠慮なくお話下さい。
    • 当院での説明に関して、もし他の病院の意見(セカンドオピニオン)も聞いてみたいと思われた場合、その旨をお話し下されば、当院では、原則として、その間、診療を開始せずにお待ちします。
    • 医療費の負担、社会復帰、施設入所等の問題に関しては、病院玄関傍の、医療相談窓口にご相談下さい。
  3. 患者さん自身による診療方針の決定を支援します
    • 私たちの病院では、患者さんの病状・診療計画・予測される効果とリスクなどを、詳しく且つわかりやすく説明し、患者さんが内容を十分に理解したことを確認した上で、ご自分で希望する診療方法を選択し、決定して頂くことにしています。
    • 看護計画についても、患者様ご自身にケアプラン立案に参画して頂くため、患者さんのご意見を聴き、ご意向に沿った看護を実施致します。
  4. 安全診療においても患者さんに参加して頂きます
    • 医療事故防止のため、いろいろな方策を実施していますので、それらにご協力下さい。
    • 検査・薬剤投与・手術等の際は患者さんもご自分の名前を確認して下さい。例えば、名を名乗るなど、本人確認のお願いをする際は、繰り返しをいとわずご協力下さい。また、原則として、入院中はネームバンドを着用して頂いております。
    • もし可能でしたら、ご自身の医療情報(既往歴、アレルギー歴、診療歴、薬歴、検査歴等)を保存し、必要に応じて教えて下さい。
    • 安全管理に疑問を感じたらいつでも患者相談窓口へ申し出てください。
      医療安全管理者等が対応いたします。
  5. 経過観察においても患者さんに参加して頂きます
    • 一部の疾患では、患者さん用クリニカルパス(入院診療予定表)を差し上げ、それに従って診療を進めます。もしパスの予定と違う場合は、その旨、ご遠慮なく医師・看護師にお尋ね下さい。
    • 内服薬や点滴注射などの際に体調や症状に何か変化がみられた場合は、直ちに医師・看護師・薬剤師にお知らせ下さい。
  6. ご意見箱を設置しております
    • 院内各所に設置しているご意見箱に、ご自由にご意見をお寄せ下さい。ご意見に対する返事は、原則としてすべて、待合い大ホールの掲示板に掲示しております。

以上(平成18年6月)

このページの先頭へ