HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 医療安全管理室

医療安全管理室

医療安全管理室とは

医療安全管理室では専従の医療安全管理者を配置し、患者さんに安全な医療を提供するため、さまざまな事例を収集・分析し、その改善を検討しています。当院は「やさしく、あたたかい病院」を理念とし、医療サービスの質を向上させ、患者さんに安心して医療を受けていただく体制作りに努めています。

業務内容

1.インシデント・アクシデントの事例収集・分析・情報管理
2.医療安全対策委員会・医療安全カンファレンスの開催
3.他施設の事例をもとに当院での現状把握と対策の検討
4.組織横断的な活動の支援
○安全パトロールの実施
  転倒・転落環境チェック,身体抑制チェック,与薬実施状況チェックなど
○医療安全研修の企画・実施
  医薬品安全研修,医療機器安全研修,事例検討会など
○ヒヤリハット通信や医療推進ニュースの発行
  インシデントやアクシデント事例検討後の対策などについて伝達
○各種マニュアルの整備
○医療安全推進週間の開催
5.労災病院間医療安全相互チェック

患者さんにお願いしたいこと

1.外来診察や採血の時、入院中の注射や処置の時は、お名前を名乗っていただいています。自分からフルネーム(姓と名前)を名乗ってください。また、入院された方にはネームバンドをつけさせていただいています。ネームバンドを装着する時は、氏名・生年月日に誤りが無いか確認してください。

2.お薬手帳は一冊にまとめてお持ちください。もらった薬や容器に自分の名前が書かれているか、薬の名前や飲み方、どのような効果があるのか確認してください。

3.自宅などでよく転びやすい方はお知らせください。入院されると環境が大きく変わります。また病気の影響や運動機能の低下により転倒の危険が高くなります。自分で出来ると思わずに心配な方は遠慮なく職員にお申し出ください。

患者さんの相談窓口について

患者相談窓口では、医療安全に関する相談も受けています。気になることがあれば何でもご相談ください。

このページの先頭へ