HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 地域医療連携室

地域医療連携室

当院では、国の医療政策である「医療機関の機能分化と連携の促進」を進め、地域の医療機関、保健、福祉施設とのよい連携の元に診療を進めて行きたいと考えています。その窓口として「地域医療連携室」を開設しています。

  1. FAXで紹介頂いた患者さんの診察を、一般の患者さんより優先的(予約時間どうり)に行い、事前にカルテ等を作成し、待ち時間の短縮を図るなどのサービスを行います。
    FAX予約受付時間・・・平日、祝祭日共に8:15~21:15
  2. ご紹介頂いた患者さんにつきましては、来院のご報告と、その後の経過報告等の発送管理をいたします。
  3. 地域の医療、福祉サービス機関との連携のための広報活動を行います。

FAX予約申込書のダウンロードはこちらから

診療所等への紹介について

厚生労働省では、質の高い医療を効率的に提供するために、「病診連携(病院と診療所の連携)」、「病病連携(病院と病院の連携)」による医療機関の機能分担を進めています。

これに従い、当院では急性期医療を行なう病院として、今後も地域の診療所(開業医)や病院と連携をとり、患者さん中心の医療を行なっていきたいと考えていますので、ご理解・ご協力下さいますようお願いいたします。

○ 「病診連携」って何?
はじめての診療や、慢性期の継続的な病気については、診療所(開業医)に診てもらい、入院が必要な場合や、より専門的な治療(検査・手術など)については病院が受け持つことをいいます。
当院でも、診療所(開業医)から紹介を受けた患者さんに対して専門的な治療を行なった後は、症状が落ち着き次第、紹介元の診療所(開業医)に逆紹介し、そこで継続的に治療していただくことにしています。
○ 定期的な検査や入院が必要な場合は?
当院から逆紹介(紹介元の診療所への紹介)をしたあと、定期的な検査や入院が必要となった場合は、再度診療所等からの紹介を受けます。そして、当院が責任を持って対応させていただきます。
○ 紹介元の診療所(かかりつけ医)がない場合は?
かかりつけ医がなく、最初から当院で治療を始めた場合は、必要な時期に、患者さんのご都合をお伺いしながら、ご自宅近くの診療所等を紹介させていただきます。
○ 当院では、地域の医療機関の皆さまとの連携強化のため、 医療機関向け広報誌「連携室だより ろうさい」を発行しています。

医療機関向け広報誌のバックナンバーはこちら

当院と連携していただいている医療機関をご紹介しています。
詳しくは地域医療連携機関のご紹介をご覧ください。

八戸市医師会において、八戸地域の医療や介護の施設や事務所をマップ付きで掲載しています。
詳しくははちのへ医療・介護連携マップをご覧ください。

このページの先頭へ