HOME ≫ 各種ご案内 ≫ 青森県がん診療連携推進病院

青森県がん診療連携推進病院(平成26年2月6日指定)

<青森県がん診療連携推進病院とは?>

青森県では、県民が身近な環境で質の高いがん医療が受けられる診療連携体制を構築するため、国が指定する「がん診療連携拠点病院」に準じる診療機能を有する病院を、県独自で「青森県がん診療連携推進病院」として指定しています。当院はこの診療機能を有する病院として、平成26年2月6日に指定を受けました。

<がん診療連携推進病院としての取り組み>
■集学的治療

治療方針の決定を外科、消化器内科、放射線科、病理診断医等複数の領域の専門家による「キャンサーボード」によって十分に検討し、手術、放射線療法、化学療法、またはこれを組み合わせた集学的治療等、最善の治療を行うよう努めております。

■緩和ケア

すべてのがん患者さんの診断から治療の終了までの局面において、患者さんの苦痛緩和は最も重要な医療行為であると認識していますので、患者さんご本人の意思と尊厳に基づいてケアを実施します。そのため、多職種で構成される緩和ケアチームを配置して親切丁寧に対応して参ります。また、「緩和ケア外来」を開設し、毎週水曜日に診療を行っております。

緩和ケア外来の詳細はこちら

<がん相談支援センターの設置>

がん相談支援センターは患者さんからの一つ一つの相談に対し、実際に個別に対応する場であり、がん診療連携拠点病院等における重要な機能の一つです。当センターでは、がんに関わる相談はもちろんのこと、「がんの治療と仕事の両立」の相談や支援を行う専用窓口も設置しており、勤務先に産業医が所属している場合には、当院の主治医と専任の社会福祉士、看護師が産業医と連携をとりつつ、就労を含む療養環境の調整等に係る相談や治療計画の見直しや再検討を行っております。

詳細はこちら

<リレー・フォー・ライフ・ジャパン八戸に参加>

当院は、平成28年よりリレー・フォー・ライフ・ジャパン 八戸に参加しております。
リレー・フォー・ライフはアメリカ対がん協会が国際ライセンスを持っている企画で、日本では公益財団法人日本対がん協会にライセンスが与えられており、がん患者様やそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧をめざすチャリティー活動です。

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017八戸 リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017八戸

このページの先頭へ