HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 診療科のご案内 ≫ 整形外科 ≫ スポーツ専門外来

スポーツ専門外来

診療内容

スポーツ専門外来ではスポーツ外傷・障害をもつスポーツ選手(愛好家)の診療を行い、早期のスポーツ復帰・再発予防を目標に治療を行います。スポーツ外傷は1回の外力により発生する、スポーツが原因の「ケガ」(骨折、脱臼、靱帯・半月板損傷、肉離れなど)、スポーツ障害は同じ動作を繰り返し行うことによって特定の部位に生じる運動器疾患(腱炎、疲労骨折など)のことです。スポーツ障害は練習のしすぎで生じることが多いのですが、技術の未熟さや体の柔軟性低下などが原因のことも多いといわれています。その多くはリハビリテーションを中心とした治療でスポーツ復帰が可能であり、当院では医師とリハビリテーションスタッフが密に連携しながら治療を進め、早期のスポーツ復帰だけではなく、再発しないような体作りにも力をいれています。残念ながら手術治療が必要な場合でも早期のスポーツ復帰ができるように低侵襲手術を心がけ、全身の筋力や心肺機能の低下が生じないように様々なトレーニングを行いながら治療を進めていきます。スポーツ種目や個々の競技能力、チーム事情に合わせた目標設定を行い、皆様と相談しながら治療方針を決めるようにしています。

スポーツ外来担当医 前田周吾は内視鏡を用いた肩・肘・膝・足関節の低侵襲手術(関節鏡視下手術)を得意としており、最新のコンピューターナビゲーションシステムを用いた人工膝関節置換術も行っております。スポーツ外来ではスポーツ外傷・障害に加え、変形性膝関節症や肩腱板損傷などの診療も行っております。

主な対象疾患

膝前十字靱帯損傷、半月板損傷、膝離断性骨軟骨炎、膝蓋骨不安定症、変形性膝関節症、反復性肩関節脱臼、肩腱板損傷、投球障害肩、肩関節唇損傷、野球肘(肘離断性骨軟骨炎、内側側副靭帯損傷)、足関節靱帯損傷、足関節骨軟骨損傷、疲労骨折(腰椎・四肢骨)、スポーツ外傷・障害全般、スポーツ障害後のリハビリテーションなど

ハイスピードカメラを用いた投球動作の評価
動画がご覧になれない場合はこちらからご覧ください
Biodexによる筋力測定
膝前十字靱帯再建術

断裂した前十字靱帯

再建した前十字靱帯

ナビゲーションシステム
医師のご紹介
整形外科スポーツ専門外来 前田 周吾 / Shugo Maeda
専門分野 スポーツ医学、膝・肩関節外科、関節鏡視下手術
出身大学 弘前大学 (平成14年卒)
専門医・認定医等 日本整形外科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター
日本整形外科学会認定スポーツ医、身体障害者指定医、関節鏡技術認定医(膝)
院外活動 高校野球選手メディカルチェック、小学生野球肘検診、2014年、2015年冬季国体スピードスケート競技帯同ドクター、野球肘研究会幹事
その他:アメリカ・ピッツバーグ大学留学(2011-2012年)
診察日

毎週月曜日、水曜日 新患・再来新患14:00~16:00 再来14:00~16:30(予約不要)
5/23(水)、6/13(水)のスポーツ外来は休診です。

このページの先頭へ