HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 診療科のご案内 ≫ 糖尿病・内分泌センター

糖尿病・内分泌センター

診療内容
生活習慣病(糖尿病、肥満、高脂血症、高尿酸血症)

糖尿病、高血圧、脂質異常症等の疾患は、生活習慣が病態に密接に関わっていることから、『生活習慣病』と呼ばれています。これらの疾患は、日常生活で目立った自覚症状が現れることはありませんが、脳卒中・心筋梗塞・慢性腎臓病など、生命や生活の質を脅かす重篤な疾患の原因となります。当科では、これら生活習慣病の精査と治療を行い、『元気に長生き』、いわゆる健康寿命の伸長を目指しています。

生活習慣病の治療は、生活習慣の是正と適切な薬物療法です。当院では、初めて糖尿病を指摘された方、あるいはコントロールが不良ななった糖尿病の方に対し、糖尿病教育入院を勧めています。入院中は合併症の精査に加え、医師、薬剤師、看護師、理学療法士、管理栄養士らが連携し、糖尿病教室や 個別指導など行います。また退院後も適正な生活習慣が維持できるよう、外来でも適宜、栄養指導、フットケア指導、透析予防指導、インスリン自己注射・血糖自己測定指導等を行なっています。一方、エンドパット(血管内皮機能評価法)やCGM(持続血糖モニタリング)等、最新検査機器の導入により厳密で包括的な病態評価を行ない、入院・外来を問わず最善のコントロールが出来るようにしています。

内分泌疾患(甲状腺、下垂体、副腎の各疾患、内分泌性高血圧等)

下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などの内分泌(ホルモン)機能異常症の診療に加え、内分泌疾患が潜在していることが多い難治性の高血圧、糖尿病、骨粗鬆症、電解質異常症の原因精査にも力を入れています。

種々のホルモン負荷試験を行い内分泌機能を厳密に評価して、確実な診断と適切な治療が行われるよう心がけています。また、副腎疾患・下垂体疾患などで、CTやMRIなど一般的な画像検査では描出できない微小病変に対しては、放射線科と協力し静脈サンプリング(#1)による病変部位の特定まで積極的に行っています。また、甲状腺機能が亢進するバセドウ病に対して、最近では薬物治療、手術療法以外にアイソトープ治療も積極的に行っています。副作用などで内服治療ができず、手術を望まない患者様にとって有効な方法です。

治療抵抗性高血圧に対する取り組み

3系統以上の降圧剤(利尿剤を含む)を用いても十分なコントロールが得られない状態を治療抵抗性高血圧(resistant hypertension;RHT)と言います。この状態は脳・心血管障害や腎不全など、いわゆる心血管系リスクが高まっているため、更なる治療強化・介入をどう行うかが非常に重要です。

実は近年、RHTの約20%に原発性アルドステロン症が含まれていることが判ってきました。この疾患に伴う高血圧は、しばしば難治性である一方、原疾患の治療により劇的な降圧が期待できます。RHTによる脳・心血管障害や腎不全の発症を抑制するために、当院では、この「原発性アルドステロン症(PA)の診断と治療」について、積極的に取り組んでいます。

原発性アルドステロン症の診断と治療効果についてはこちら

生活習慣病センターだより
生活習慣病センターだよりはこちら
医師のご紹介
院長 玉澤 直樹 / Naoki Tamasawa
専門分野 糖尿病、脂質異常症 出身大学 弘前大学(昭和57年3月卒)
専門医・認定医等 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本糖尿病学会研修指導医
糖尿病内分泌センター長(糖尿病内分泌内科部長) 崎原 哲 / Satoru Sakihara
専門分野 内分泌代謝、糖尿病 出身大学 弘前大学(平成5年3月卒)
専門医・認定医等 日本内科学会認定内科医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医
第二糖尿病内分泌内科部長 川原 昌之 / Masayuki Kawahara
専門分野 内分泌、糖尿病、一般内科 出身大学 弘前大学(平成13年3月卒)
第三糖尿病内分泌内科部長(兼務) 日向 豪史 / Tsuyoshi Hinata
専門分野 内分泌代謝、糖尿病 出身大学 弘前大学(平成3年3月卒)
専門医・認定医等 日本医師会認定産業医
臨床統計
下記をご参照ください。

このページの先頭へ