HOME ≫ 各部門のご紹介 ≫ 中央放射線部 ≫ ライナック室

ライナック室

  • ライナック
    ライナック
放射線治療

放射線治療は手術、化学療法と並ぶ治療法で、単独または併用されます。当院ではライナックと呼ばれる治療装置を用いて電気的に放射線を発生させ、体外から当てる外照射を行なっています。
通常放射線は目に見えませんし、痛みを感じることもありません。また、特殊な場合を除き病巣部を中心とした局所に対する治療となります。
治療中は治療室の中に一人となりますが、治療スタッフが監視モニタで見ておりますので、ご安心下さい。
治療時間はおおむね10~20分で放射線を当てている時間は1~2分程度です。治療回数は20~30回程度で1、2ヶ月かかりますが、通院による治療も可能です。

  • CT撮影装置
    CT撮影装置
放射線治療の流れ
放射線治療の流れ
システム構成

放射線治療装置
VARIAN社製 CLINAC iX
X線エネルギー 6,10MV
電子線エネルギー 4,6,9,12,15,18MeV

放射線治療計画用CT
Siemens社製 SOMATOM Definition As20 Open
4D imaging( APEX社製Abches併用)

放射線治療計画装置
VARIAN社製 Eclipse

このページの先頭へ